--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-10

   病院  その4  ~芥川龍之介の「河童」を読んで~

 主人公である第二十三号は芥川自身と考えていだろう。彼に見えていた世界は河童の世界だったのかもしれない。死の直前に人は一体何を考えるのか。家族のこと、友人のこと、自分の死後のこと。

 実に興味深い。この廊下にいる連中全員に聞いてみようか?

「あなたは今何を考えていますか?」って。

 だが、私が興味あるのは「他人が何を考えるのか」であって、「私自身が何を考えるのか」はあまり興味がない。あるのはきっとくやしさだけだから。絶対に後悔ではない。自分で考えて、自分で選んだ道ならば、それがどんな選択肢であっても後悔など決してしない。するのは反省。次にどうするか、ただそれだけだ。

 隣に座っていたお年寄りが診察室へ入っていった。



 さっきのページに戻る。

 
 第二十三号は学生の河童である「ラップ」に、「トック」という詩人の河童を紹介される。詩人トックはこう言った。

当たり前の生活ほど莫迦げているものはない。親兄弟とはお互いを苦しめることを唯一の楽しみにして暮らしている。家族制度は莫迦げている以上に莫迦げている。



(読み手の倫理観を壊すのが目的?それとも単なる心境の発露?)
残念ながら私にとってはどれも当たり前すぎることだった。だが、芥川が同じことを考えていることに少し安心した。彼を多少知っている人間ならば、これらが一体何に向けられたものなのかは察しがつくだろう。家族が助け合うなんていうのはただの幻想だ。それに気付いていない人間には理解し難いだろうが。



トックは第二十三号に向かって更にこう言った。

「君は社会主義者かね?」

「然り」

「では百人の凡人のために甘んじて一人の天才を犠牲にすることも顧みないはずだ。」

「では君は何主義者だ?だれかトック君の信条は無政府主義だと言っていたが、・・・・・」

「僕か?僕は超人(直訳すれば超河童です。)だ。」



この問いに対し私は未だ自分の答えを持っていない。

「百人の凡人のために一人の天才を犠牲にする。」

ダメだ・・・・私にはできない。では、逆ならばどうか。

「一人の天才のために百人の凡人を犠牲にする。」

これも・・・私にはできない。


 実に情けない話だ。きっと私はどちらを選んだところで振り返るだろう。何も犠牲にしないから何も得られない。なお、この問いを芥川自身に向けることはしない。

 診察室から車イスのおばあさんが出てきた。押しているのは・・・息子さんだろうか・・・。



トックと二十三号は、ある月の晩の帰り道に、夫婦の河童と子供の河童が夕ご飯を食べている姿を目撃する。


「ああいう家族の容子を見ると、やはりうらやましく感じるんだよ。」とトックは言う。

「あそこにある卵焼きはなんと言っても、恋愛などよりも衛生的だからね。」



(・・・・そうだと思う・・・・。)
それは理解するが、私はその卵焼きすら皿ごと捨ててしまうような人間なのだ。

そうでもしないと・・・・・・・・・・自分がもたない・・・・・・・。



theme : 本に関すること
genre : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

sazae

Author:sazae
シロの飼い主。

好きな食べ物 
シーフードヌードル

最近気になったこと

夢の中で機械に
「あなたは機械の気持ちが解っていない。」
と言われたこと。

まじかるブラゲ学院
sazaeもやってるまじかるブラゲ学院。もちろん無料。  
今月紹介した本
FC2カウンター
あなたは
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログセンター
アクセス数がなかなか伸びないとお悩みの方はコチラ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
3670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
367位
アクセスランキングを見る>>
人気ブログランキング
ブログランキングボタン
このブログにビビッときた方はクリックお願いします。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。